概要

脆弱性(CVE-2018-6871) の対策が施されたLibreOffice5のバージョンに対応しました。WebClass をこのバージョンにアップデート後に、弊社作業にて LibreOfficeをアップデートすることで、Excelの変換を利用できるようになります。ただし、LibreOffice5以降ではパワーポイントファイルの変換フォーマットはPDFに固定されますことをご理解ください。

また、教材一覧画面の変更と、学習記録ビューアの管理画面の変更、その他バグの修正が含まれます。

アップデート方法

パッチファイルおよび変更点資料は、弊社サポートデスクより担当者様へメールでご案内差し上げます。

v11 をご利用いただいている環境では、そのままアップデートいただけます。アップデート方法は FAQ「WebClass のアップデート方法を教えてください」をご確認ください。

v10 をご利用の環境では、v11 へのアップデートは念のため弊社がアシストいたします。
特に、カスタマイズをご利用のお客様につきましては、事前にカスタマイズ機能の動作確認等を行わせていただきます。

その他ご不明な点は、サポートデスクまでお問い合わせください。

ダウンロード

サムネイル タイトル ファイル名 作成日時 サイズ
フォルダアイコン manuals manuals 2019/01/23
DOCX ファイルアイコン webclass_v11.5.7_release-note.docx webclass_v11.5.7_release-note.docx 2019/01/23 184.24 KB
PDF ファイルアイコン webclass_v11.5.7_release-note.pdf webclass_v11.5.7_release-note.pdf 2019/01/23 958.55 KB
GZ ファイルアイコン webclass_v11.5.7_321e9852_patch.tar.gz webclass_v11.5.7_321e9852_patch.tar.gz 2019/01/23 40,357.97 KB
Next Post
Topics